まぶたが腫れてアイプチできない!とっさの応急処置大公開

bikkuri_01

毎日アイプチをしていると、
まぶたがただれてしまうことがあります。

そんな日はどうしたらよいのでしょうか。

いつものメイクが出来なくても
大丈夫!

とっさの日の乗り切り方について
お伝えします。

まぶたの皮むけ…アイプチが出来ない時の必殺メイク術

Picture1

また、毎日アイプチをしていると、
まぶたのトラブルもあります。

代表的なのは、まぶたの皮むけ!

まぶたの皮がむけてしまうのは、
無理やりメイクやアイプチを
オフしたりすると、起きてしまいます。

また、うまく二重にならず、
やり直すのも厳禁。

一度つけたアイプチを外して
やり直すことは、まぶたにとても
負担が大きいのです。

一度でまぶたが真っ赤になってしまう…。

その状態で再びアイプチをすると
まぶたがひりひりします。

上手に二重を作れない。

そんな日も必ずあります。

しかし、やり直すのは、
まぶたに負担をかけるのでやめましょう。

アイプチが失敗!敏感肌でも安心のやり直し術とは

Atos-Healthcare-PIP-phone

では、きれいに二重まぶたが出来ない場合は
どうしたらよいのでしょう。

それには、なんといっても
失敗しないのが一番です。

とはいえ、毎日成功できるとは
限りません。

一度やったアイプチが失敗してしまったら、
次のようにしましょう。

まず、敏感肌用の
アイメイクリムーバーを用意します。

そして、ゆっくり丁寧にオフします。

この時、たとえ外出前で時間がなくても
決して急いでこすったりしてはいけません!

充分にリムーバーをなじませ
優しくオフしましょう。

オフした直後は、油分などが肌に残っています。

それを一度流し、まぶたの水分を
良くふき取ってから、再度アイプチをしましょう。

ここで、決して焦ってはいけません。

目が赤くはれてしまうと、
アイプチが悪目立ちする原因にもなります。

まぶたが荒れている時に最もやさしい二重アイテムは?

loverscur

では、すでにまぶたが荒れている。

そんなときは、どうしたらよいでしょうか。

一番よいのは、アイプチをしないことです。

アイプチは、メイクの中でも
接着力が強く、刺激がつよいアイテム。

ただのアイカラーやマスカラよりも
肌を痛めます。

特に、肌が荒れた状態で使用して、
アイプチがしみた、という経験をした人も
多いのではないでしょうか。

また、たとえしみなくても、
アイプチには揮発成分が含まれています。

そのため、塗っていると目が乾燥して
涙が出てくることも、よくあります。

まぶたが荒れている時に関わらず
アイプチは、低刺激のものを
選ぶ必要があります。

まぶたのケア成分が含まれ、
なおかつ二重形成力のあるものを
選ぶようにしましょう。

ナイトアイボーテなら肌荒れ無用で二重ができる理由とは

Atos-Healthcare-PIP-phone

まぶたにやさしい二重ケアと言えば、
断然ナイトアイボーテです。

ナイトアイボーテは、
まぶたへの負担が少ないだけでは
ありません。

使用する中で、一重まぶたから
本当の二重になれることでも
大人気の二重アイテムです。

ナイトアイボーテで
本当の二重まぶたが手に入るのは
どうしてでしょうか。

それは、なんといっても、
朝晩のダブルケアのおかげ!
・夜用ケアでまぶたに二重ラインが形成される!

・昼用の二重メイクはナチュラルでバレない!

・早い人では翌朝から本当の二重ラインが出現!
こうしたメリットいっぱいの
二重アイテムなのです。

アイプチは低刺激が大切です。

そして、何より本当の二重を
一日でも早くゲットすることが
何より大切なのです。

 

コメントを残す